2018年10月06日

10月20日(土)10月21日(日)は川越祭りです・・・「まつり」花山幸山

関東最大級のスケールを誇る「川越祭り」は今月の20日開催です。









「まつり」  花山幸山
posted by 幸山 at 20:32| 兵庫 ☁| Comment(0) | 川越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

「オリビアを聴きながら」 花山幸山

今日は久々、
杏里さんの「オリビアを聴きながら」です。

「オリビアを聴きながら」 作詞作曲 尾崎亜美

お気に入りの唄 一人聴いてみるの
オリビアは淋しい心 なぐさめてくれるから
ジャスミン茶は 眠り誘う薬
私らしく一日を 終えたいこんな夜

出逢った頃は こんな日が
来るとは思わずにいた
Making good things better
いいえ すんだこと 時を重ねただけ
疲れ果てたあなた 私の幻を愛したの


眠れぬ夜は 星を数えてみる
光の糸をたどれば 浮かぶあなたの顔
誕生日には カトレアを忘れない
優しい人だったみたい けれどおしまい

夜更けの電話 あなたでしょ
話すことなど 何もない
Making good things better
愛は消えたのよ 二度とかけてこないで
疲れ果てたあなた 私の幻を愛したの

出逢った頃は こんな日が
来るとは思わずにいた
Making good things better
いいえ すんだこと 時を重ねただけ
疲れ果てたあなた 私の幻を愛したの

tokinokane0613.jpg
歌 花山幸山 / 埼玉県川越にて

朝ドラ以来、川越は観光客でいっぱいの街になりました。

posted by 幸山 at 21:39| 兵庫 ☁| Comment(0) | 川越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

「悲しい酒」 花山幸山 ・・・酒は今夜も私を悲しくさせる 酒よ どうして どうして あの人を あきらめたらいいの あきらめたらいいの

今日は、美空ひばりさんの「悲しい酒」
春風そよそよ セリフ入りでお届けします。
「悲しい酒」 作詞 石本美由起 作曲 古賀政男

ひとり酒場で 飲む酒は 別れ涙の 味がする
飲んで棄てたい面影が 飲めばグラスに また浮かぶ


ああ別れたあとの心残りよ
未練なのね あの人の面影
淋しさを忘れるために
飲んでいるのに

酒は今夜も私を悲しくさせる
酒よ どうして どうして
あの人を
あきらめたらいいの
あきらめたらいいの

酒よ こころが あるならば 胸の悩みを 消してくれ
酔えば悲しく なる酒を 飲んで泣くのも 恋のため

一人ぼっちが 好きだよと 言った心の 裏で泣く
好きで添えない 人の世を 泣いて怨んで 夜が更ける


kanasiisake0521.jpg
唄 春風幸山 / 川越 太田道灌 像前で
posted by 幸山 at 11:33| 兵庫 ☁| Comment(0) | 川越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする