2018年02月11日

「函館の女」 花山幸山 ・・・はるばるきたぜ 函館へ

今日は、「函館の女」を唄ってみました。
「函館の女」作詞 星野哲郎 作曲 島津伸男

はるばるきたぜ 函館へ
さかまく波を のりこえて
あとは追うなと 云いながら
うしろ姿で 泣いてた君を
おもいだすたび 逢いたくて
とても我慢が できなかったよ


titosekuko0211.jpg
歌 花山幸山 / 千歳空港にて
posted by 幸山 at 11:27| 兵庫 🌁| Comment(0) | 演歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

「帰ろかな」 花山幸山 ・・・淋しくて 言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな

すっかり寒くなりました。冬ですね。
先日、友人と駅で待ち合わせ。時間になっても姿が見えません。
からだが凍りつくほどで、心の中で「帰ろかな、帰るのよそうかな」
からだが凍って動けなくなったとき、友人がやってきました。
そんな訳で、今日はJAPANESE ENKA 「帰ろかな」です。

「帰ろかな」 作詞 永六輔 作曲 中村八大

淋しくて 言うんじゃないが
帰ろかな 帰ろかな
故郷のおふくろ 便りじゃ元気
だけど気になる やっぱり親子
帰ろかな 帰るのよそうかな

恋しくて 言うんじゃないが
帰ろかな 帰ろかな
村のあの娘は数えて十九
そぞろ気になる やっぱりほの字
帰ろかな 帰るのよそうかな

嬉しくて 言うんじゃないが
帰ろかな 帰ろかな
やればやれそな 東京暮し
嫁も貰って おふくろ孝行
帰ろかな 迎えに行こうかな


hatiko0119.jpg
歌 花山幸山 / 東横線渋谷にて
この自販機で、心が癒されました。

livedamkaerokana0119.JPG
この歌に関しては、スキャットも評価されているようで、
スキャットがうまくなれば、あと1点はプラスになると思います。



posted by 幸山 at 15:29| 兵庫 ☁| Comment(0) | 演歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

「矢切の渡し」 花山幸山

今日は、細川たかしさん「矢切の渡し」のカバーです。

「矢切の渡し」 作詞 石本美由起 作曲 船村徹

どこへ行くのよ

知らぬ土地だよ

揺れながら艪が咽ぶ 矢切の渡し

息を殺して 身を寄せながら

明日へ漕ぎだす 別れです


kamakura0109.jpg
歌 花山幸山 / 鎌倉にて
posted by 幸山 at 17:12| 兵庫 ☔| Comment(0) | 演歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする