2019年11月30日

「海峡の駅」 花山幸山 ・・・風がうねる 海峡の街 ひとり佇む

今日は、眞(しん)千賀子さんの「海峡の駅」です。
「海峡の駅」 作詞 蒼井海侑 作曲編曲 若草恵

風がうねる 海峡の街
ひとり佇む
抱えきれない 哀しみを
ここに捨てにきたの
鴎さえも 凍え啼いてる
明日も見えない 吹雪のなか
二度と 二度と 戻れない
あなた 今も 恋しい…
あぁ…あぁ こころ 寒い
海峡の駅

chiba.jpg
歌 花山幸山 マイクなしです
posted by 幸山 at 17:36| 兵庫 ☁| Comment(0) | 演歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

「麗人」 花山幸山  ・・・麗人を前にして

今日は、沢田研二さんの「麗人」です。
「麗人」2番 作詞 阿久 悠 作曲 沢田研二

永遠の約束などタブーにしよう ドラマのなりゆきも結末も
ささやかなやすらぎを求めたら あなたはどこかへ行くだろう

昨日の夢を 忘れる自由を あなたの胸から奪っちゃいけない
音楽が聴こえない抱擁ならば 華やかな幕切れにした方がいい

恋はもともとそういうもの 炎の中の綱渡り
心ばかりか身体までも 堕ちていく
あれもタブーこれもタブー たったひとつ 愛するだけ

reijin09.jpg
歌 花山幸山 / 麗人を前にして
posted by 幸山 at 09:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | 演歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

坂村真民さんの詞に曲をつけました

4月4日の日経新聞に、
歌手・原田悠里さんが読書日記を連載されています。
仏教詩人・坂村真民さんの詩集「しんみん山の本」を取り上げておられました。

実は、ぼくは先月20日、
作曲の発表会で、坂村真民さんの詞に曲をつけました。
演歌ではありませんが、和風の曲にぼくの唄つきで発表したところでした。
偶然の一致だとは思いますが。

1か月ほど前「原田悠里さん、坂本冬美さんとカラオケやれたらいいな」と寝言を書きました。
今月は八王子のカラオケに行く予定です。


正夢になればなあと、また戯言を書いてしまいました。すみません。
もしこのブログをご覧になられていたら、メールをください。
メールは、kozan@teatimegift.com です。
posted by 幸山 at 18:01| 兵庫 ☀| Comment(0) | 演歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする