2021年10月11日

「サムライ」 花山幸山  ・・・片手にピストル 心に花束 背中のリュックには渋翁

今日は、沢田研二さんの「サムライ」(録音)です。
今はもう少しうまいですが、コロナ自粛しております。
「サムライ」 作詞 阿久悠 作曲 大野克夫

ありがとう ジェニー
おまえはいい女だった
おまえとくらすのが しあわせだろうな
だけどジェニー あばよジェニー
それが男にはできないのだよ

部屋から出たならつめたい木枯らし
おまえの体のぬくもりが消えていく

男はいつでも悲しいサムライ
しあわせに照れてることもあるんだよ

片手にピストル 心に花束 唇に火の酒 背中に人生を
アア アア アア アアア
アア アア アア

shibusawa10.jpg
歌 花山幸山 / 飛鳥山公園にて
北区の子供たちはみな、この公園に来てるかのような賑わいでした。
渋沢栄一が東京でも深谷同様、地元の人に愛されていたのがよくわかりました。
posted by 幸山 at 09:39| 兵庫 ☀| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: