2020年10月10日

「こい」 花山幸山 ・・・男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて

今日は、松山千春さんの「恋」です。
「恋」

多分あなたは いつもの店で
酒を飲んで くだをまいて
洗濯物は 机の上に
短い手紙 そえておくわ

今度生まれて くるとしたなら
やっぱり女で 生まれてみたい
だけど二度と ヘマはしない
あなたになんか つまずかないわ


男はいつも 待たせるだけで
女はいつも 待ちくたびれて
それでもいいと なぐさめていた
それでも 恋は恋

男はいつも 待たせるだけで
女はいつも 待ちくたびれて
それでもいいと なぐさめていた
それでも恋は恋  それでも恋は恋

koi10.jpg
歌 花山幸山 / 伊香保温泉にて
与謝野晶子の詩だそうです。
posted by 幸山 at 20:19| 兵庫 ☔| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: