2019年01月30日

「危険なふたり」 花山幸山  ・・・渋沢栄一「中の家」にて唄う

shibusawaeiiti.jpg
歌手 花山幸山 / 渋沢栄一「中の家」にて

今日は、沢田研二さんの「危険なふたり」です。
「危険なふたり」 作詞 安井かずみ 作曲 加瀬邦彦


記念館で説明して頂いた方、
渋沢栄一の甥「治太郎」さんの顔写真にそっくりでした。

「論語とそろばん」
そろばんだけでは競争だけとなります。道徳と競争の両立が大切と渋沢。
ピーター・ドラッカーは、だれよりも渋沢の100年続いた「日本システム」を称賛しています。
100年続く会社システムは他にない。
ドラッカーの「断絶の時代」には、岩崎弥太郎(三菱)と渋沢栄一は、ロスチャイルド、モルガン、クルップ、ロックフェラーを凌ぐとあります。

ぼくは関西出身ですが、
埼玉県深谷にこんな偉人がおられたとは、うれしいかぎりです。


posted by 幸山 at 19:04| 兵庫 | Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: