2018年07月15日

「みちのくひとり旅」 花山幸山  ・・・ここでいっしょに死ねたらいいと

今日は、
山本譲二さんの「みちのくひとり旅」です。
ぼくが高校生のときの歌。初めて唄ってみました。
失敗がたくさんありましたが、そのままアップ。

「みちのくひとり旅」 作詞 市場馨 作曲 三島大輔


ここでいっしょに 死ねたらいいと
すがる涙の いじらしさ
その場しのぎの なぐさめ云って みちのく ひとり旅
うしろ髪ひく かなしい声を
背でたちきる 道しるべ
生きていたなら いつかは逢える 夢でも逢えるだろう

kohaku.jpg

花山幸山 / コハクチョウと



PS 由紀さおりさんは、ぼくの手紙をごらんになられたのでしょうか。
お心づかい、ありがとうございます。もうあきらめております。

posted by 幸山 at 15:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | 演歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: