2016年08月04日

花山の「赤とんぼ」 ・・・夕やけ小やけの赤とんぼ 負われて見たのはいつの日か

今日は、童謡「赤とんぼ」です。

「赤とんぼ」 作詞 三木露風 作曲 山田耕筰


夕やけ小やけの赤とんぼ
負われて見たのはいつの日か

山の畑の 桑の実を
子篭に摘んだは まぼろしか

十五で姐やは 嫁に行き
お里のたよりも 絶えはてた

夕やけ小やけの赤とんぼ
とまっているよ 竿の先


唄 花山幸山

numata0804.jpg
真田沼田の夏 沼田小学校、鳥居のような門でした。


posted by 幸山 at 15:01| 兵庫 ☀| Comment(0) | 永遠の名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: