2020年02月12日

A列車で行こう 阿川泰子


A列車で行こう 阿川泰子



布施明 歌劇「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」

和製パバロッティ
ラベル:阿川泰子 布施明
posted by 幸山 at 21:01| 兵庫 ☔| Comment(0) | 永遠の名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

「この夜を止めてよ」 花山幸山  

今日は、JUJUさんの「この夜を止めてよ」です。

「この夜を止めてよ」 作詞 松尾潔 作曲 松本俊明

大きな背中を 見つめていられたら それでよかったのに
どんなに激しく あなたを愛しても 答えはみえない
終わりにしたいのなら 5秒だけください
目を閉じて 深呼吸 その間に忘れてあげるわ

「愛してる」ていうあなたの言葉は 「さよなら」よりも哀しい
これ以上 何も言わなくていい だから この夜を止めてよ


あまい過去の記憶なんて わたしは惜しくない
かたちのある未来なんか しがみつきたくはない
おなじ色の夢みてたつもりで ちがう道を歩いてた
別れのときも選べないのなら せめて この夜を

「愛してる」ていうあなたの言葉は 「さよなら」よりも哀しい
これ以上 何も言わなくていい だから この夜を止めてよ
ねえお願い この夜を止めてよ

nihonbasi01.jpg
花山幸山 / 日本橋で
posted by 幸山 at 05:44| 兵庫 ☁| Comment(0) | 隠れた名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

「時の過ぎゆくままに」 花山幸山  ・・・もしも二人が愛せるならば 窓の景色も変わってゆくだろう

今日は、
沢田研二さんの「時の過ぎゆくままに」 

「時の過ぎゆくままに」 作詞 阿久悠 作曲 大野克夫

あなたはすっかり 疲れてしまい
生きてることさえ いやだと泣いた
こわれたピアノで 想い出の歌
片手でひいては ため息ついた

時の過ぎゆくままに この身をまかせ
男と女が 漂いながら
堕ちてゆくのも 幸せだよと
二人つめたい からだ合わせる

身体の傷なら 治せるけれど
心の痛手は いやせはしない
小指にくいこむ 指輪を見つめ
あなたは昔を想って泣いた

時の過ぎゆくままにこの身をまかせ
男と女が ただよいながら
もしも二人が愛せるならば
窓の景色も変わってゆくだろう

yokohamahr.jpg
花山幸山 / 港町から
posted by 幸山 at 15:01| 兵庫 ☔| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする