2019年08月12日

「わが麗しき 恋物語」 花山幸山 ・・・わたしは壊れた空き缶みたいに 口を開けていただけ / 鎌倉文学館

今日は、クミコさん「わが麗しき 恋物語」です。

「わが麗しき 恋物語」 作詞 覚和歌子 作曲 Barbara 編曲 美野春樹

あたしは十九で 町でも噂の ちょっとした不良で
わりかし美人の 部類だったから ちやほやされたわよ
眉をひそめてる 大人を尻目に ずいぶん遊びもしたわ
人生って何て ちょろいもんだって 冷めたまなざしで

kamabun8.jpg
歌 花山幸山 / 鎌倉文学館 談話室にて昼寝
源氏山から炎天下、おりてきました。気づいたら、文学館の談話室で1時間も寝てました。

posted by 幸山 at 19:16| 兵庫 ☁| Comment(0) | 永遠の名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする