2019年01月30日

「危険なふたり」 花山幸山  ・・・渋沢栄一「中の家」にて唄う

shibusawaeiiti.jpg
歌手 花山幸山 / 渋沢栄一「中の家」にて

今日は、沢田研二さんの「危険なふたり」です。
「危険なふたり」 作詞 安井かずみ 作曲 加瀬邦彦


記念館で説明して頂いた方、
渋沢栄一の甥「治太郎」さんの顔写真にそっくりでした。

「論語とそろばん」
そろばんだけでは競争だけとなります。道徳と競争の両立が大切と渋沢。
ピーター・ドラッカーは、だれよりも渋沢の100年続いた「日本システム」を称賛しています。
100年続く会社システムは他にない。
ドラッカーの「断絶の時代」には、岩崎弥太郎(三菱)と渋沢栄一は、ロスチャイルド、モルガン、クルップ、ロックフェラーを凌ぐとあります。

ぼくは関西出身ですが、
埼玉県深谷にこんな偉人がおられたとは、うれしいかぎりです。


posted by 幸山 at 19:04| 兵庫 | Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

「瞳がほほえむから」 花山幸山  ・・・ねえ この世に生まれて

今日は、
今井美樹さんの「瞳がほほえむから」です。
「瞳がほほえむから」 作詞 岩里祐穂 作曲 上田知華

ねえ この世に生まれて
最初の朝に何が見えたの?
今 その輝きで
あなただけを見つめている

一面に咲いた 菜の花の色
ほら拍手のように 揺れてる
迷った 遥かな日々
涙じゃなく 力にして
あふれる想いを今こそ果てなく
抱きしめて

utunomiya0127.jpg
歌手 花山幸山 / 宇都宮にて

posted by 幸山 at 18:02| 兵庫 ☁| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

「小指の想い出」 花山幸山  ・・・船村徹記念館にて

今日は、
伊東 ゆかりさんの「小指の想い出」
「小指の想い出」作詞:有馬三恵子 作曲:鈴木淳


あなたが噛んだ 小指が痛い
きのうの夜の 小指が痛い
そっとくちびる 押しあてて
あなたのことを しのんでみるの
私をどうぞ ひとりにしてね
きのうの夜の 小指が痛い

funamuram.jpg
歌手 花山幸山 / 船村徹記念館にて
歌道場で、オーケストラ演奏をバックに唄う企画あり。
村田英雄さんの「王将」を唄い、DVDを作成してもらいました。

係の方からレコーディング直後と、
DVD化された40分後の計2回、「うまい」とお言葉を頂きました。


PS 今日2月2日、BS-TBSで「五木ひろしさんが選び唄う船村徹物語」がありました。
船村徹物語ベストテンの2位に「王将」がランクされていました。
さすが、五木ひろしさん。うまいですね。
あの美空ひばりさんが五木ひろしさんを「歌謡界の後継者」と話されていたのを思い出しました。さすがです。
posted by 幸山 at 11:35| 兵庫 ☁| Comment(0) | 演歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする