2018年07月09日

「カサブランカダンディ」2番  花山幸山 ・・・しゃべる過ぎる女の口を

今日は久々、
沢田研二さんの「カサブランカダンディ」です。

「カサブランカダンディ」 作詞 阿久 悠 作曲 大野克夫


しゃべり過ぎる女の口を
さめたキスでふさぎながら
背中のジッパーつまんでおろす
他に何もすることはない

思い出ばかり積み重ねても
明日を生きる夢にはならない
男と女は承知の上で
つらい芝居をつづけていたよ

ボギー ボギー あんたの時代はよかった
男のやせがまん 粋に見えたよ
ボギー ボギー あんたの時代はよかった
男のやせがまん 粋に見えたよ

ボギー ボギー あんたの時代はよかった
男がピカピカのキザでいられた
ボギー ボギー あんたの時代はよかった
男がピカピカのキザでいられた

hibiya.jpg

歌 花山幸山 / 日比谷にて
posted by 幸山 at 18:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | ヒットヒット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする