2018年01月18日

「また逢う日まで」 花山幸山

今日は、久々、
尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」です。

「また逢う日まで」
作詞 阿久悠 作曲 筒美京平

また逢う日まで 逢える時まで
あなたは何処にいて 何をしてるの

それは知りたくない それはききたくない
たがいに気づかい 昨日にもどるから

ふたりでドアをしめて ふたりで名前消して
その時心は何かを 話すだろう

ふたりでドアをしめて ふたりで名前消して
その時心は何かを 話すだろう


歌 花山幸山

catnihonbasi.jpg
ここに「細雪」という喫茶店がありました。
その横に、谷崎潤一郎生誕の地の看板。

livedam0118.JPG
posted by 幸山 at 15:09| 兵庫 ☁| Comment(0) | 永遠の名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする